あまりにも早すぎる死

  • 2018.10.24 Wednesday
  • 20:32
今日のニュースでもありましたが、私の
競技時代、チームで一緒に優勝を目指し、
先輩はオリンピックという更なる上を目指し
共に時を過ごした先輩が亡くなりました。 
49歳。
余りにも若く早いお別れに言葉がありません。

・・・・・・
 

先日、ふと本屋に立ち寄り、目にした本が
ありました。
『かみさまは小学5年生』(サンマーク出版)
 

空の上の記憶を持ったまま10歳まで育った女の子が、
生まれる前から知っていた「ほんとうの幸せ」について。
涙がこぼれる不思議な実話---------(サンマーク出版)
 

その中にあったお話。
 

「スタート」は生まれたとき。だから、生きているあいだにはゴールはない!
    
  中略
 「亡くなるっていうのは、全部やりとげたから亡くなる。
  亡くなるのは、ぜ〜んぶ必然。偶然でも亡くなる人なんていない。
  事故でも病気でも全部が必然。
  だから亡くなるっていうことは、
  もうその人は全部をやりとげたっていうこと!
  だからこそのゴールなんだ!
  
  もしまわりの誰かが亡くなったら、
  まず泣いてもいい。
  だけどちゃんとえがおで
  「おつかれさま」って言ってあげて。
 
 〜ゴールはスタートだ〜 より一部抜粋

そして今日もその本を読みました。 
きっと先輩は、他の人よりも、嬉しいことも、喜びも
辛いことも苦しいことも、何倍も速い速度で
駆け抜けた人生だったのだろうと思います。
   
子供を残して旅立つことは、どんなに無念で
辛かっただろうと思うと胸が痛む。 

でも、笑顔でサヨナラを言いたいです。 

笑顔が素敵で、とても優しい先輩でした。
 

天国でゆっくり休んでください。 

ご冥福をお祈りいたします

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

shopping

travel

information

にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
にほんブログ村  ← ポチッと応援お願いします。励みになります^^

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM